ニュースリリース

NEWS

2019.05.02

ミュージアム展示ガイドアプリ「ポケット学芸員」が、だて歴史文化ミュージアムに導入されました

スマートフォンを利用して展示解説などを楽しめるミュージアム向け無料ガイドアプリ「ポケット学芸員」(開発元:早稲田システム開発株式会社(東京都新宿区))のサービスが、4月3日にオープンしただて歴史文化ミュージアム(北海道伊達市)に導入されましたのでお知らせいたします。

■だて歴史文化ミュージアムについて
縄文文化にアイヌ文化、そして仙台藩・亘理伊達家中の移住によってもたらされた武家文化と、多様な文化が共存する北海道伊達市。だて歴史文化ミュージアムは、平成31年4月に誕生したばかりの新しい文化施設です。「本館」「体験学習館(旧黎明観)」「宮尾登美子記念アートホール」という3つの建物で構成されており、展示室は本館2階に設置。常設展示では、武具甲冑類や美術工芸品、重要文化財の有珠モシリ遺跡出土品など貴重な品々を見学できます。また、体験学習館には、北海道内唯一の藍生産地ならではの藍染め体験ができる「藍工房」や、刀匠・渡辺惟平さんの刀剣製作が見学できる「刀鍛冶工房」も。歴史を学び、アートを鑑賞し、工芸を体験できるマルチなミュージアムとして、これからの活躍が期待されています。

■ガイドの内容と導入の背景
展示物のうち約50点に対して、詳しい解説を配信。簡潔で分かりやすいテキストによる解説のほか、一部では画像も表示されます。この画像が興味深いものばかりで、刀の柄の裏側の写真や、土器の文様の拡大写真のように、逆に実物の展示だけでは見られないアプリならではの鑑賞体験の提供も実現。日本語のほか、英語、中国語簡体字、中国語繁体字、韓国語が用意されていて、外国人の来館者も展示を理解しながら楽しめるよう配慮されています。ポケット学芸員は多言語に対応しており、コンテンツの編集も容易であることなどから導入に至りました。

■ポケット学芸員の概要
「ポケット学芸員」は、スマートフォンを利用して展示解説を閲覧・視聴できるガイドアプリです。ひとつのアプリを複数のミュージアムで共用的に使える点が特徴で、スマートフォンにインストールしておけば、全国のサービス実施館で展示ガイドを利用することができます。
ガイド内容は、それぞれの博物館・美術館が独自に工夫して制作する仕組みを採用。館によってテキスト画面だけでなく写真や動画、音声など多様なスタイルで情報が配信されています。

アプリホームページ : http://welcome.mapps.ne.jp/pocket
アプリのFacebookページ : https://www.facebook.com/pocketcurator/?fref=ts

<2019年4月時点でサービス提供中および提供予定のミュージアム>
北海道博物館/北海道開拓の村/だて歴史文化ミュージアム/岩手県立博物館/諸橋近代美術館/徳川ミュージアム/ミュージアムパーク茨城県自然史博物館/飯能市立博物館 きっとす/埼玉県立近代美術館/市川市東山魁夷記念館/船の科学館/昭和館/郷さくら美術館/福生市郷土資料室/慶應義塾大学/青梅市郷土博物館/北区飛鳥山博物館/神奈川県立歴史博物館/あつぎ郷土博物館/大和市つる舞の里歴史資料館/小松市立博物館/福井市立郷土歴史博物館/名勝養浩館庭園/福井県立歴史博物館/福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館/窪田空穂記念館/松本市時計博物館/日本童画美術館 イルフ童画館/松本市立博物館/松本市山と自然博物館/多治見市モザイクタイルミュージアム/岐阜県博物館/史跡草津宿本陣/稲盛ライブラリー/京セラファインセラミック館/姫路市立美術館/島根県立美術館/松江ホーランエンヤ伝承館/ふくやま文学館/萩博物館/中原中也記念館/香川県立ミュージアム/瀬戸内海歴史民俗資料館/香川大学博物館/上島町岩城郷土館/横山隆一記念まんが館/高知県立美術館/福岡アジア美術館/佐賀県多久市/熊本博物館/臼杵市歴史資料館/鹿児島県立博物館/天城町歴史文化産業科学資料センター「ユイの館」

ポケット学芸員は、 GooglePlay/App Storeにて、無料でダウンロードいただけます。「ポケット学芸員」と検索してください。 本リリースをスマートフォンでご覧いただいている方は、以下URLからもダウンロードいただけます。

iOS: https://itunes.apple.com/jp/app/pocket-curator/id1088763931?mt=8
Android: https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.waseda.pocket.curator
(推奨OS : Androidは4.2以上、 iOSは7以上)

【導入館】
だて歴史文化ミュージアム
北海道伊達市梅本町57−1
TEL:0142-25-1056

ポケット学芸員ニュース7 だて歴史文化ミュージアム


【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
早稲田システム開発株式会社
TEL:03-6457-8585
Email:salest@waseda.co.jp