HOME > 製品 & ソリューション TOP > 収蔵品管理システム I.B.MUSEUM SaaS > ニュースフラッシュ一覧 > ニュースフラッシュ No.11

資料と資料がつながれば価値も効率性も大きく上がる

I.B.MUSEUM SaaS でも特に好評な
関連資料登録機能がさらにパワーアップ

資料はそれ自体が情報価値を持ちますが、それ単体では価値の全貌を把握し切れないことがよくあります。たとえば、時代背景や作家情報などの周辺データ、互いに関係のある資料などを組み合わせることで、その資料の価値がしっかりと把握できる形になるものです。

たとえば、右の上の図のような場合。I.B.MUSEUM SaaS の関連資料情報登録機能では、資料Aの関連ファイルとして資料B、資料Cを指定すれば、それぞれ相互に紐づけられます。したがって、作業を終えれば、資料Cのデータ画面から資料Aを呼び出すのも、とても簡単。ポイントは「相互に関連」という点で、A−B間、A−C間で両方から参照できますので、多くの館からご好評をいただいています。

しかし、ひとつだけ問題が。このケースでは、資料Bと資料Cも互いに関連する資料の場合は、B−C間も紐づけなければなりません。資料が3点ならまだしも、これが5点、10点とある場合は、いちいち指定するの? 今回の新機能では、この問題を解決することができました。

AとB、AとCは関連付けられている。
では、BとCは…?
資料が多くても一気に関連付けられれば、
この問題は解決!

2つ以上の資料ファイルが「相互に関係している」時は
すべてを一気に「関連資料」に!

関係する資料を相互に紐づける

便利な機能に残されていた「弱点」とは

I.B.MUSEUM SaaS では、「この資料とあの資料は関係がある」という情報を登録する「関連資料情報登録機能」があります。資料Aに対する関連資料として、資料Bと資料Cを紐づけた場合、「資料Aから見た資料B」「資料Aから見た資料C」は相互に登録される…表面の図の通りです。

これらは簡単な操作で完了でき、作業後はその資料の管理画面からすぐに関連資料を呼び出すことができます。また、これも前述しましたが、紐づけは「相互的」に行われますので、資料Bから資料Aを、資料Cから資料Aを即座に参照することも可能。問題は、「ともに資料Aの相手となる資料Bと資料Cも、互いに関係が深かった場合です。

関連資料情報登録機能は、これまで「資料Bと資料Cは自動的には登録されない」という仕様となっていました。これは、「両者は必ず関連するわけではない」ため、混乱の発生を考慮して敢えて実装を見送っていたからです。

手間を省きながら漏れを防ぐ新機能

2つ以上の資料を、すべてまとめて関連資料化!

もちろん、資料Bと資料Cの相互関連性を手動で指定することは可能です。しかし、互いに関係がある資料が多い場合は、非常に煩雑な作業となるだけでなく、登録漏れが発生する可能性も否定できません。

これを解決するために、今回、検索結果一覧画面からまとめて関連登録できる機能を追加しました。「資料Aに対するB」という登録方法のほかに、一覧画面で選択した資料をすべてまとめて関連登録できるという機能です。

インターネット公開画面もさらに使いやすく

また、 I.B.MUSEUM SaaS のインターネット公開機能でも、同様の考え方を導入しています。資料詳細画面の下部に、関連資料のサムネイル画像を並べて表示することで、サイト閲覧者をより多くの資料へと誘導できるよう配慮しました。情報発信力の強化に、ぜひお役立てください。

今回の関連資料登録機能では、ひとつの検索結果画面から
一気に関連付けを行うことができます。

従来の関連資料登録

今回追加の関連資料登録

一気に関連資料に!

収蔵品管理システム I.B.MUSEUM SaaS 体験版ID申込受付中! バナー「体験版では、I.B.MUSEUM SaaS の全機能をお使いいただけるほか、使い方のコツや動画による解説など、検討に役立つ情報が満載の特設サイトもご覧いただけます。ぜひ、ID登録を!」

  • このページをシェア・ブックマークしてみんなに教える!

PAGETOP

PICK UP